ゴミ処理の流れとリサイクル

世界各地では経済などの発展によりゴミの量が増加していますし、ゴミの出し方や処理方法などは地域によって異なりますが、家庭から出されたゴミの流れを知ることで、より地球環境を守ることの大切を理解することができますよ。

一般的な家庭から出る1年間のゴミ排出量は1,5トンほどあり、そこで大切なのは4つのRと言われている「リサイクル」「リユース」「リデュース」「リフューズ」です。

ゴミは主に燃えるゴミと萌えないゴミ、資源ごみに分別され、家庭から各市町村が収集し、リサイクル施設へと送られ、一部のゴミは新たな商品として生まれ変わって、再び家庭へと戻っていきます。

プラスチックの場合にはリサイクルにより再商品化されたり、圧縮されてペレットという細かい粒状にされ新たな商品になったり、その他の固形燃料に生まれ変わるのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る