廃棄物処理の裏側とは

普段生活していると必ずゴミは出てきますが、そのゴミはどのように処分されるか考えたことはありますか?
今回は、廃棄物が焼却施設にて、どのように処分されているのかを紹介いたします。

家庭から出る一般廃棄物と、事業者から出る産業廃棄物に分けられて、燃やせる物は焼却処分になりますが、燃やしたら終わりというわけではありません。

焼却できる廃棄物は、新たなエネルギーとして利用することができ、サーマルリサイクルされることで、再び人間の住民の役に立っているのです。

地域で収集された廃棄物が焼却施設へ続々と運ばれ、900度以上の高温の焼却炉で廃棄物が燃やされることでダイオキシンなどの有害物質の発生を抑えることができるのです。

https://www.youtube.com/watch?v=xX_2n6TXuUg

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る