最終処分場ってどんな所?

日々生活していると必ずゴミが出ますが、家庭から出る一般廃棄物や工場から出る産業廃棄物がありますが、ゴミの種類によって処理方法が異なりますので知っておきましょう。

リサイクルできない物は最終処分場へと運ばれますが、雨水に触れても状態が変化しない廃棄物を埋めるのは安定型、木くずや紙くずなど地下水に影響を与えない廃棄物を埋め立てる管理型、有害なゴミの埋め立てでは遮断型の3種類があります。

最終処分場では1日トラック数十台分の廃棄物が運ばれてきて、作業員による目視検査などを行ってから、埋め立て地へ運ばれ、重機を使って踏み固められるのです。

さらに廃棄物の上から土を被せて覆土し、環境へ負荷を与えず処理されるのです。

https://www.youtube.com/watch?v=PTJLdPBKLLw

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る