ダンボールでコンポストを作る方法

自宅から出るゴミを減らすことができれば、地球の環境にも貢献することができますから、今回は簡単にできる生ゴミの処理方法についてご紹介いたします。

生ゴミから堆肥を作ることができますが、専用の機械が無くても家庭で簡単にコンポストを作ることができるのです。

ダンボール2箱とピートモス12L、籾殻燻炭8Lとシャベルや水、カッターと温度計、ガムテープや風通しの良い台を用意したら、ダンボール1箱は組み立ててガムテープで隙間を埋めたり固定したら、コンポスト本体として使用しましょう。

もう1箱はカッターで切って中敷や蓋として使用しますので、土などを入れる前にガムテープで固定してしまいましょう。

ダンボールの中に、ピートモスと籾殻と水を入れて、しっかりとかき混ぜたら完成なので、風通しの良い台の上に設置して使用しましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る