仕事ができる人は整理整頓もできる?

仕事ができる人というのは5Sの活動が徹底してできていると言われていますので、片付けが苦手な人もぜひ参考にして整理整頓ができるようになりましょう。

5Sとは、整理・整頓・清潔・清掃・しつけの5つのことであり、行動と習慣化に分類されるのです。

行動の中で整理整頓が大切であり、整理を行うことで不用なものを減らし、整頓を行って物を適切な場所に設置するのです。

ゴチャゴチャと散らかっている部屋で物を探すのは、時間のロスに繋がりますし、その行動が積み重なることにより無駄が発生していますから、5Sの活動を日頃から徹底することにより無駄を減らすことが大切なのです。

5Sを行うことにより、仕事の効率がアップできるだけでなく、ミスを減らすこともできますし、スッキリと整頓されたスペースで快適に作業することができるようになりますよ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る