2033年、ゴミ処理問題とは?

ゴミ処理の問題は日々の生活とも関係しており、解決しなければならない問題があるのです。

特に燃えるゴミは、今よりも減量化したり資源化する余地があると考えられていて、現在稼働しているゴミ処理施設も老朽化や整備の問題もありますし、ゴミを焼却した時に出た灰の使用期限は2033年までだと言われているのです。

将来も安定的にゴミ処理を行うためにも、今この問題について考える必要があるということです。

厨芥類とは、家庭から出る食品の残飯や野菜くずなどのことであり、近年では食べられるのに食べなかった未利用食品のゴミも問題になっています。

家庭から出るゴミのうち、約25%は資源化することもできると言われていて、きちんとゴミを分別することにより解決できるのだそうです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る