この夏やっておくべき生ごみ処理のポイントとは

夏になると、生ゴミの嫌な臭いが気になるという方も多いかもしれませんが、適切に処理すれば臭くならないとのことですから、ぜひ実践しましょう。

生ゴミの臭いの原因は水分であり、水分が腐ることにより菌が繁殖して臭いが発生するので、生ゴミを捨てる前に必ず水分を切って処理しましょう。

また、生ゴミを古新聞で包んだり、空の牛乳パックに生ゴミを入れておくと水分が漏れ出る心配もありませんし、臭いも抑えられるそうです。

よくお掃除アイテムとして登場する重曹は弱アルカリ性なので、酸性の生ゴミの臭いを中和してくれる作用がありますので、生ゴミを入れる袋の中にあらかじめ重曹をセットしておくと良いでしょう。

オムツ用のグッズを使ったり、袋に入れて冷凍してしまうのもオススメですよ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る