収納上手な人、苦手な人の違い

片付け上手な人の部屋やデスクを見てみると、本当に使っているの?と疑いたくなるぐらい綺麗に片付けられています。

片付け上手な人、片付けが苦手な人の違いを探してみて目立つのが、双方の物の数の違いです。
片付け上手な人は本当に必要な物を必要な数だけしか持っていないので物も少ないですが、苦手な人は不要な物まで溜め込んでしまったり不必要に持っていたりと、物を非常に多く持っています。

例えば家庭で使うハサミも「料理用」「紙用」「布用」の3丁あれば生活する上で充分です。
しかし片付けが苦手な人は「元の場所に戻すのが面倒」「使いにくい」「どこに置いたか忘れた」というように、何度もハサミを買い足してしまいます。
そうして増えたハサミがどんどん溜まっていきますから、それだけでも収納するのに一苦労かかり、出しっぱなしにして散らかってしまうのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る